お知らせ

2014年09月29日

Webアプリケーション100%自動生成ツール「Web Performer」最新版を発売
大規模システムに不可欠なバッチ処理の自動生成など機能強化

キヤノンMJ ITグループのキヤノンソフトウェア株式会社( 本社:東京都品川区、代表取締役 社長:加藤 高裕、以下キヤノンソフト )は、Webアプリケーション100%自動生成ツール「Web Performer(ウェブ パフォーマ)V1.4.1」を9月30日より発売開始します。

「Web Performer」は、開発現場の生産革新を目指し「短納期」、「高品質」、「低コスト」をコンセプトに2005年から発売開始し、大手、中堅を問わず企業内の開発部門やSIベンダーなどさまざまな分野の開発現場で350社以上の導入実績を誇るWebアプリケーション100%自動生成ツールです。


 ■ 大規模システムに不可欠なバッチ処理の自動生成が可能

最新版の「Web Performer V1.4.1」では、これまでのWebアプリケーション生成に加えて、バッチ処理用のJavaプログラムも100%自動生成可能になり、「Web Performer」の適用範囲がさらに拡大しました。バッチ処理用の定義は、オンライン処理用の定義を共通利用できるため、初期開発や運用・メンテナンスの工数を大幅に削減することが可能です。また、大量データを扱うための、パフォーマンス向上のチューニングやリカバリーの機能も搭載しており、業務毎に最適なバッチ処理を短期間で構築することが可能です。


 ■ ワークフローオプション機能を強化し、簡易ワークフロー開発が可能

「Web Performer」は、従来からワークフローシステムを実装できるオプション機能がありましたが、データベース設計を意識した本格的な設計手法が必要でした。「Web Performer V1.4.1」では、ワークフローのオプションに、ワークフローシステムを簡易に構築できる機能が加わりました。ワークフローシステム構築ツール「Web Plant(*)」のノウハウを利用することで、データベース設計を意識することなくドラッグアンドドロップのマウス操作で、簡単にワークフローのシステム開発が可能となりました。構築するワークフローシステムの難易度に合わせて、本格的な設計手法と簡易的な設計手法の選択が可能となり、システム開発部門のユーザビリティが向上するとともに、「Web Performer」の利用層もさらに拡大します。

キヤノンソフトは、「Web Performer」を使って開発する技術者の利用層を広め、自動生成ツールによる開発の市場拡大を図ります。2016年までに40億円(導入支援、システム開発を含む)の販売を目指し、今後も市場の動向やビジネスの変化に対応した機能を追加していく予定です。

(*) 簡単なGUI開発環境により、エンドユーザーがノンプログラミングで構築可能なキヤノンソフトのワークフローシステム構築ツール。

製品名価格(税別)発売日備考
Web Performer SE版
300万円~
2014年9月30日
実行環境は
Windows/IBM i/RedHat環境に限定
Web Performer EE版
500万円~
2014年9月30日
-

 

● 報道関係者のお問い合せ先  :
  キヤノンMJアイティグループホールディングス株式会社 コミュニケーション企画課 03-6701-3603
● 製品の詳細についてのお問い合せ先 :
  キヤノンソフトウェア株式会社 ソリューション企画部 03-6701-3530
● Web Performer ホームページ :  http://www.canon-soft.co.jp/product/web_performer

 <Web Performer 稼働環境>

開発環境

クライアント OS Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1
ツール Eclipse 4.2/4.3/4.4
APサーバ(*1) Tomcat 5.5/6.0/7.0
  • *推奨環境:[CPU]Core 2 Duo 2.13GHz以上 [メモリ]2.0GB以上 [DISC]空き容量3.0GB以上

本番環境

サーバ OS Windows Server 2003/2003 R2
Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
AIX V6.1/V7.1
Solaris 9/10/11
RedHat EL5/6
IBM i V6R1/V7R1
データベース Oracle 11g/12c
SQL Server 2005/2008/2008 R2/2012/2014
MySQL 5.6
DB2 v9.5/v9.7/v10.1/v10.5
DB2 UDB for iSeries
APサーバ WebSphere 7.0/8.0/8.5/8.5.5
Oracle Application Server 10.1.3.5
Oracle Weblogic Server 11g 10.3.4以降
Oracle Weblogic Server 12C 12.1.1
Tomcat 5.5/6.0/7.0
uCosminexus Application Server Standard V8.5/V8.7/V9.0
クライアント(*2) OS Windows Vista/Window 7/
Window 8/Window 8.1
Mac i OS
5.1/6.0/6.1/7.0/7.1
Android
2.3/4.0/4.1/4.2/4.3/4.4
ブラウザ Internet Explorer 7.0/8.0/9.0/10.0/11.0
Firefox
Google Chrome
Safari 6 モバイル版
Safari
モバイル版
Chrome
Excel 2007/2010/2013 2011 for Mac
  • *1 開発端末でテストを行う場合のみ必要
  • *2 クライアント推奨環境:[CPU]Pentium 4 3.4GHz以上 [メモリ]2.0GB以上

*Microsoft、Windows、Windows Vista、Internet Explorer、SQL Serverは、米国Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* Mac、Safariは米国およびその他の国で登録されているApple Inc.の商標です。

印刷用ファイル(PDF:243.8 KB)

※記載している組織名・電話番号等は発表当時のものです。

このページのトップへ